この中欧国際工商学院MBA教育に入選した事例は、蘇美達から

10月30日、中欧国際工商学院Mr.Shameen教授は14カ国から30名余りの外国人MBA学生を率いて蘇美達株式会社傘下の江蘇蘇美達紡織有限公司を訪問した。蘇美達紡績会社の国際化の進展をMBA教学事例として検討し、蘇美達株式党委員会書記、董事長楊永清は学生たちのために『蘇美達国際化発展の探求と実践』のテーマ授業を行い、蘇美達紡績会社の董事長王申涛、総経理何隽、総経理補佐倪国峰などは学生たちと交流を展開した。

詳細を見
  • 2019-10-29
    蘇美達株式インドネシア初の火力発電事業で送電ネットワーク接続に成功

    蘇美達株式会社(以下、蘇美達株式)傘下の江蘇蘇美達成套設備工事有限公司(以下、蘇美達成套公司)が建設を請け負ったインドネシアゴロンタロ州の2X25MW石炭火力発電所事業1号ユニットの並列送電は一回で成功した。また、タービンの速度超過試験を順調に完了させ、各指標が規範的な要求を満たし、2号ユニットの並列送電、720時間の信頼性の高い運転を通したに続く新たな里程標となった。

    詳細を見 >
  • 2019-10-24
    心を通わせ 未来をつくる|蘇美達株式は東南大学と戦略的提携協定を締結

    秋たけなわ、清風が爽やかに吹いている。10月24日午後、蘇美達株式会社(以下、蘇美達株式)は東南大学との戦略的提携契約式及び2020キャンパス招聘宣講会を東大九龍湖キャンパスで開催し、人材育成と自主革新などの面で協力ウィンウィンを推進した。東南大学中央委員会書記の左惟、党委員会常務委員、副学長の黄大衛、蘇美達株式党委員会書記、董事長の楊永清、紀委員会書記の沙非、副総経理の金永伝、財務総監督、取締役会秘書の趙建国、総法律顧問の姜瓊及び双方の指導者、数百人の教師と学生が参加し、活動は東南大学党委員会弁公室主任

    詳細を見 >
  • 2019-09-12
    入学シーズン、君のEton kiddはまた受賞

    また1年の入学シーズンになり、「美を探求し、美を創造する」ことに力を入れる制服リーダー企業である蘇美達株式会社傘下の江蘇美達Eton kiddブランド管理有限公司はこのほど、「中国職業服ベスト50」、「中国職業服(制服)優勢企業」に選ばれた。同賞は中国服装協会が主催する「2019中国職業服産業大会」で発表された。

    詳細を見 >
  • 2019-06-24
    「一带一路」のトップランナー企業と評価された蘇美達軽紡

    4月25日から27日にかけて、第二回「一带一路」国際提携サミットフォーラムは、北京で開催されました。中央企業の中国機械工業集団有限公司の傘下のコアメンバー企業として、蘇美達股份有限公司は、長期的に「一带一路」の提唱足取りについて、国際生産キャパー提携を強化し、実業工場の建設を投資し、蘇美達事業の発展を支える同時に、現地の経済社会の発展を促進しました。

    詳細を見 >
  • 2019-06-24
    蘇美達初のベトナム太陽光発電プロジェクトの早期引渡

    この頃、蘇美達股份有限公司傘下の蘇美達成套工程有限公司ベトナム格桔62MWp太陽光発電プロジェクトは、7カ月半の奮戦を経て、電力網テスト・検収に早期合格し、本格的に商業営業段階に突入しました。このプロジェクトは、ベトナム国家電力会社の傘下の子会社のEVNCHPで投資し、ベトナム第一陣で統一した電気価格買電協議を締結し、円滑に電力網編入を果たした太陽光発電プロジェクトです。

    詳細を見 >
  • 2019-06-24
    2018中国輸入企業のトップ100位で60番目にランキングした蘇美達技術会社

    この頃、『中国税関』誌は、「2018中国輸出入上位200位ランキング」を発表し、蘇美達股份有限公司の傘下の蘇美達国際技術貿易有限公司の輸入規模は、8年引き続き全国の一般的貿易輸入企業の上位100位にランクインし、第60位に据えています。

    詳細を見 >
  • 2019-03-11
    FIRMAN+コーニング:全球先進の液晶ガラスの生産を護衛

    1851年に設立された世界トップ500のコーニング会社は、現在のTFT - LCDガラスとそのほかの先進的なディスプレースクリン製品業界のグローバルリーダーである。しかし、ガラス製品の生産過程は極めて複雑で、電力の安定性に対して異常に厳しく、いったん電池が切れると大きな損失をもたらす。

    詳細を見 >
  • 2019-01-29
    スメックははじめて南京の“海外進出”におけるトップ10の先頭企業という称号を受賞

    近日、南京報業メディアグループが主催し、南京市委員会宣伝部、南京市工業及び情報化局、南京市商務局、南京市商業工業連盟、中国貿易促進会南京分会などの指導を受けた「一帯一路」南京機会サミット及び南京企業の指導者年会の開催に成功した。サミットでは、2018年はじめて南京の「海外進出」におけるトップ10の先頭企業のリストが発表され、江蘇スメックグループ有限会社(以下はスメックと略称する)が選ばれた。

    詳細を見 >
  • 2018-11-20
    新大洋造船有限会社は新たに設立された

    2018年11月20日、新大洋造船有限会社が新たに設立されたニュース発表会は揚州会議センターで開催され、スメック株式会社の親会社の中国機械工業グループ有限会社、スメック株式、江蘇省の主管部門、揚州市、大手金融機関、信保、船舶設計院、船級社、協力パートナーなどの300位余りのゲストが出席した。発表会の前、国機グループの会長の任洪斌一行は、揚州市委員会書記の謝正義氏と会談した。

    詳細を見 >